就職・転職に本当に使える資格とは?

現在は就職難の時代になっており、大きいところでは少子化の影響により絶対数として若者が少ないことがあります。

実際に、現在の新社会人は例年100万人程度しかおらず、団塊ジュニアが成人した頃の半数ほどに落ち込んでいます。

加えて理数系離れが進んでおり、技術系の職種では常に人材不足に陥っています。

また海外で働きたくないという若者が10年ほど前の3割未満から現在では6割を超えるまでに増えたことも影響しています。

企業としては日本の少子高齢化の中で、成長を維持していくためには、グローバル化を推進していかざるを得ず、それをしたくても、それを任せられる人材を獲得できず、育てることが難しいと言う状況であり非常に困っているようです。

海外と言うと以前はヨーロッパやアメリカが中心でしたが、最近は中国を始めアジアなど増えており、海外勤務が軽減されることが多くなっているようです。

また、地元志向により、地域正社員のような雇用形態が増えている傾向にあるのも現代の特徴です。

これから企業が成長していくためには、AIの導入や機械化など人に頼らない経営をしていくことが求められるでしょう。

サービス業界やIT業界など日本人の採用が難しい企業では、より能力の高い外国人の採用が進んでおり、ますます日本のITなどの最先端産業では人材育成の遅れが進んでいます。

人気のある資格を見ても、かつては文系の国家公務員1種、現在で言うところの総合職や、司法試験などの法律系の資格、いわゆる士業と言われる国家資格たちが多かったのですが、最近はどの文系の資格も受験者数が右肩下がりで減少しているのが特徴です。

その反面で、基本情報技術者などのIT系の国家資格の受験者数が増えており、今求められている人材が理系の技術系の人材であることが表れています。

よく学生たちに聞かれる質問なのですが、「これから役立つ資格って何ですか?」というのがあります。

理想の答えとしては、自分が本当にやりたいこと、ということになるのですが、今の学生の多くは選択肢が多すぎることもあって、自分がやりたいこともなかなか見つからないという現実があり難しいです。

そこで私は、これから本当に役立つ資格というのは、IT系の資格だからコンピュータとかプログラミングの勉強をしておくと良いよ、と言っています。あとは数学ですね。

IT系の資格は、日本だけでも国家資格としてたくさんあるし、グローバルに通用するベンダー系の資格もたくさんあります。

まずは、自分が興味を持てそうなものからチャレンジしていくことをお勧めします。

掃除機はリビングに収納すると便利ですよ

掃除がめんどくさいと感じる原因の1つは、掃除機がしまってある場所まで取りに行くのが面倒なことです。

まずそもそも掃除機が遠い場所にあるのであれば、取りに行くのがめんどくさくて後でしようということになってしまい、結局掃除をしないことになってしまうことも多いでしょう。

そこでオススメなのが、よく掃除機を収納してある納戸や階段下の収納や押し入れなどではなく、リビングやダイニングの一角に掃除機用の専用の収納スペースを作るプランです。

特に小さな子供がいる家庭の場合、食事のたびに食べこぼしなどをするので、ダイニングは非常に汚れやすい環境にあります。

そんなダイニングにすぐに取り出すことができる掃除機が置いてあると、掃除をするのが非常に便利なので、面倒くさがらずにすぐに掃除をすることができダイニングをきれいに保つことができるようになります。

また台所で料理をしていて、散らかった食材などを掃除する時にも便利です。掃除機はメーカーや機種によって形が様々なので、もし買い換えたとしてもそれに対応できるように、縦型の少し余裕のあるスペースを作っておくと良いでしょう。

いつでもすぐにさっと掃除機を手にすることができれば、めんどくさい掃除の負担が大きく減らせるはずです。

最近はダイソンなどのバッテリー式のコードレスの掃除機もたくさん出ているので、そういうコンパクトな掃除機を買っておけば、収納スペースにもそれほど余裕がない場合でも、簡単に片付けることができます。

家のプランニングをするときには、家庭の柱となる主婦の家事の負担を少しでも減らすことができるような導線や収納を中心に考えると家事の負担が減って便利です。

小さな子供がいて、食事のたびに食べこぼしや、お皿からご飯をこぼしたり、お皿ごとと床に落としたりしてダイニングが汚されてイライラして怒ってしまうというお母さんがいる場合にはこのようなプランを検討してみることをお勧めします。

動線の作り方

住宅展示場のモデルハウスやマンションのモデルルームを見に行くと、よく営業マンから聞かされるのが間取りの動線です。

自分たちの取り扱っている物件が、どれほど動線が優れているかと言うのを強く勧めてきて、自分たちの優位性をアピールしてくることが多いです。

しかし、そもそも動線計画と言うのは、自分たちのおおまかな希望に沿って空間配置(ゾーニング)しながら、それをどうつないでいくかを考えることを言うのです。

動線計画を考える際の基準となるのは、まず第一に普段の日常の自分たちのライフスタイルです。

つまり動線計画、最適な動線と言うのはそれぞれの家族によって異なるのであって、どんな家族にも当てはまる素晴らしい動線と言うのは存在しないのです。

自分たちの家族の日々の生活を振り返ってみて、どのように動ければスムーズに生活できるかを考えてみることが大切なのです。

例えば朝、お母さんがご飯の準備をしながら、家族を起こしに行くというのが日課であるのであれば、キッチンと寝室があまり遠いと負担が大きくなりますよね。

キッチンと寝室を直結させるのはさすがに難しいとしても、なるべくその距離が短くなるようにプランすることで快適な生活が送れるようになります。

このように一つ一つ細かく自分たちの日常生活を考えながら部屋の配置や廊下の配置をしていくことを動線計画と言うのです。

主婦にとって最も負担の大きい仕事が家事ですが、できるだけ同時進行できる家事を考えて、それらの導線が短くなるプランを設計することが有効です。

台所仕事と洗濯を同時に進行したいのであれば、キッチンと洗面室を直結させるような間取りにしたりさらに物干し場をつなげたり、家事の仕方に合った計画をすることで最適な導線を作ることができます

動線計画は希望によっては矛盾が生じることもありますが、その時に役に立つのが優先順位をつけておくことです。

優先順位を決めておけばどの導線を優先させるのかを見極めることができ後で後悔することが少なくなります。