動線の作り方

住宅展示場のモデルハウスやマンションのモデルルームを見に行くと、よく営業マンから聞かされるのが間取りの動線です。

自分たちの取り扱っている物件が、どれほど動線が優れているかと言うのを強く勧めてきて、自分たちの優位性をアピールしてくることが多いです。

しかし、そもそも動線計画と言うのは、自分たちのおおまかな希望に沿って空間配置(ゾーニング)しながら、それをどうつないでいくかを考えることを言うのです。

動線計画を考える際の基準となるのは、まず第一に普段の日常の自分たちのライフスタイルです。

つまり動線計画、最適な動線と言うのはそれぞれの家族によって異なるのであって、どんな家族にも当てはまる素晴らしい動線と言うのは存在しないのです。

自分たちの家族の日々の生活を振り返ってみて、どのように動ければスムーズに生活できるかを考えてみることが大切なのです。

例えば朝、お母さんがご飯の準備をしながら、家族を起こしに行くというのが日課であるのであれば、キッチンと寝室があまり遠いと負担が大きくなりますよね。

キッチンと寝室を直結させるのはさすがに難しいとしても、なるべくその距離が短くなるようにプランすることで快適な生活が送れるようになります。

このように一つ一つ細かく自分たちの日常生活を考えながら部屋の配置や廊下の配置をしていくことを動線計画と言うのです。

主婦にとって最も負担の大きい仕事が家事ですが、できるだけ同時進行できる家事を考えて、それらの導線が短くなるプランを設計することが有効です。

台所仕事と洗濯を同時に進行したいのであれば、キッチンと洗面室を直結させるような間取りにしたりさらに物干し場をつなげたり、家事の仕方に合った計画をすることで最適な導線を作ることができます

動線計画は希望によっては矛盾が生じることもありますが、その時に役に立つのが優先順位をつけておくことです。

優先順位を決めておけばどの導線を優先させるのかを見極めることができ後で後悔することが少なくなります。